スペシャルゲスト。

「江戸落語を食べる会」に伺いました。
サプライズがありますよー、とは言われていたのですが、桂文治師匠の一席が終わったところで、「ここでサプライズがあります」と、師匠。

「薄々お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが・・・日本一有名なのではないでしょうか。」
「・・・気づいてない分かってない誰だれ誰? ^^; 」

登場したのは、何と、この方。

c0192744_00430386.jpg

くまモ~ン! \(^o^)/

私、初めてです。

2ショも撮らせて頂きました ^^
ものすご可愛くてものすご嬉しかった~~~ \(^o^)/

嬉しかったのでこちらゲット。

c0192744_00441681.jpg

きらきらくまモンの中身はその右にあるジャージー牛乳といちごの飴ちゃん ^^

お菓子はまだこれから。
楽しみです。

落語ももちろん楽しかった~~~! ^^

ありがとうございました・・・! m(_"_)m



c0192744_06110255.jpg



日中は気温が高かったけれど、


夕方になるにつれ、
先週末から本上映が始まった、「嘆きの王冠」(予告編すぐ始まって音が出ます)。

大阪で上映された時には、確か、1話ごとに1週間の上映だったと記憶していますが、渋谷での上映は、もそっと詰め込み式+若干変則的。
気のせいかも知れませんが、リチャードIIIの上映日数は多く、ヘンリーVは少ない、等々、サラリーマン的には、気を付けないと見逃し回が発生しそうな上映方法の様で、心して掛からないと、な部分があります。

心した結果、本日無理くり3話を観る事に。
笑。

しかも、ヘンリーV → ヘンリーIV Part1 → ヘンリーIV Part2 。
笑。

順序が一部逆なのは、ヘンリーVはおそらく独立した物語的だから理解の上での支障はさ程なさそうだ、と、映画館の解説から予測出来た為、電車の時間を考えて(順序通り観た場合、下手をすると終電になっちゃう) 、敢えてのこの順番。
笑。
結果、予想通りで、特別、支障はありませんでした ^^

ヘンリーIVを演じたのは、ジェレミー・アイアンズ。
さすが見事な演技でしたが、1話目での若い日のヘンリーIVは、ローリー・キニアが演じていたのを、年齢的なものか、スケジュールの都合かはたまた他の理由か存じませんが、違う役者さんが演じるのは、容姿も声もしぐさも全然違って、ちょっと違和感 ^^;

その息子、ヘンリーVは、トム・ヒドルストン。
素敵なプリンスでしたー!
見事な王様でしたーーー(割と軽めの王様でしたが、それはまあ置いといて)!
いや、ほんと。

ベネさんもそんな時がありますが、トムヒ、ほんとにそういう血が流れているのじゃないかと思えてしまう高貴さを全身から発散させていて・・・、ファンの方はたまらないだろうなー、とか、余計なお世話 ^^;

全7話のうち、1作だけは119分ですが、あと6本は、120分以上。
1日に3本もの映画を観た事って、これまでなく。
寝ちゃったらどうしよー ^^; と、真面目に心配し、ミントのタブレットにキツいガムを持って行き、確かにガムは上映開始と同時に口に入れてしまったけれど、リチャードIIの時と同様、全然眠くなんてならなくて。
時に身を乗り出して楽しませて頂きました。

いやほんと素晴らしい。

ところで、今回、渋谷の劇場では、リチャードIIを演じたベン・ウィショー、ヘンリーVのトムヒ、リチャードIII役のベネさんに因んだドリンクを提供してくれていて。
先日、前売りを座席指定券と引換に行った際と今日、「ベン・ウィショー一つ」、「トムヒお願いします」、と、言うのも恥ずかしければ受ける方もきっと恥ずかしい、どう考えてもヘンなオーダーを入れて、頂いて見ました。
笑。

ウィショくんのミントティーに、

c0192744_02281681.jpg

トムヒはライムとアップルのソーダスカッシュ。

c0192744_02292741.jpg

自分的には、トムヒの方が好みかな。
飲み物を買う直前に引いた「王みくじ」で酔いどれフォルスタッフが出てしまい、へこたれつつ、掃き溜めにいてもプリンスだったトムヒを思い出しつつ、頂きました。

次回はいよいよベネさん行かせて頂きます166.png
笑。

それにつけても、面白かった~~~ ^^

あと、3本。
見逃し許すまじ。

笑。


=チョコレート。
にんまり。

c0192744_23392230.jpg
 

知人のブログで見て以来ずっと気になっていた、MARIE BELLEさん
念願叶って、行く事が出来ました~、ばんざい 166.png

c0192744_23403402.jpg

本拠地はNY、でも、ここは、京都。

お店の造りも、京都仕様 ^^

上 ↑ の写真もですが、町家をお店にしているお店は、基本、入り口まで細長い小路を歩いて行くんですね~、おされ ^^
観光客気分丸出しであいぽんを構え、パチパチ。

c0192744_23442426.jpg

水色のドアの中が小路になっていて、入ると、トップの写真の光景が現れます。

カフェ併設。
時間がたっぷりあればこちらでお茶したかったのですが、難しいと思われたので、今回は断念。
サイトをご覧になって頂けると分かりますが、とーてーもー素敵な空間。
ここでゆっくりとゴージャスな気分でお茶を味わいたいと思いましたー ^^

カフェもショッピングコーナーも、多くのお客さんで賑わっていて。
プレゼント用のガナッシュを求めて一人で来店のサラリーマンの男性などもいらっしゃいました ^^

好物のことではあり、あれもこれもと言う気持ちはありましたが、季節的にガナッシュ持ち歩きは厳しいかも、と、少しで我慢。
他に、チョコレートローズティーと、お土産用にクランチを購入しました。

渡された手提げ袋を見たら、フェイクのばらの花びらが散らしてあり。
洩れなく2014年のDIVOコンサートを思い出しましたーあーもう早くまた来てーIL DIVO~~~~!

戦利品は帰宅してからパチリ ^^

あ。
花びら置くの忘れた ^^;

c0192744_23422019.jpg


紅茶、しっかりチョコレートの風味がありました。
ローズも、チョコレートほどではないけれど香ります。

そして、ガナッシュ、美味しかった~~~ ^^
すごく素直なフレーバーの味が、強過ぎず、弱過ぎず、チョコレートとのバランスもとても良くて良いお味でした。

京都に行くと決まったときから、こちらだけは行ってみたいと思っていたので、大満足。
またもっと頂きたし。

ご馳走様でした~ ^^





次は冬に行って大量購入しようかしら・・・ぶつぶつぶつ・・・。


c0192744_00171664.jpg


腹ごしらえの後は、