春の兆し写真。
笑。

毎年まあ飽きもせず同じ写真を撮っているなあと自分で呆れておりますが、見るとやっぱり嬉しい、馬酔木のピンク。

c0192744_21530968.jpg

脳内でずっとWE CAME HERE TO LOVE~♪ が流れている中、いつにも増して愛おしいと思いながら、朝、パシャリとさせて頂きました。

春は直ぐそこ。

きれいに咲いてくれていて、ありがと~~~ ^^



人生、ここまで頑張ることは稀だってぐらいに頑張って、ここに書いた内容を元に、セブサウンドチェックとソロコンのレポをFBに書いてみました。
ちょろちょろと今後のソロコンについて計画中だとか交渉中っぽい話が出ている様ですが、今のところまだ日本での2回のみ、動画もないし写真もないしこのままじゃ何がどうなってたのかさっぱりわからんじゃんけーなのでほんまにこんなん書いてええんかいなと思いつつ書きましたー文法もスペルもミスだらけ、下手に元があったのが災い、おかしな表現だらけに違いない・・・。
誰からも怒られない事を真剣に願います・・・。

お仕事終わったので一服。

c0192744_14485502.jpg

ルスルスさんのチョコレート。
バレンタインの時期のみでしょうか・・・美味しい ^^ 
結構大きくて分厚いのでいっぺんに食べたらえらいことになります。笑。


今日は早く寝るー。

お休みなさーい zzz

吹いてます @ 千葉。
午後3時過ぎ位からでしょうか、風が出て来たなーと思っていたら、雨戸をガタガタ揺する風。

今週、月曜日は休日でしたが、火曜夜に面白かったけどちんぷんかんぷんだった数学のセミナーに参加し、水曜日はSebソロコンでひと暴れ、木曜日は映画の試写会のチケットを頂いたので行って来て(面白かったでしたー)、金曜日は大量残業、と、4日連チャンでえらい時間に帰宅して、ほぼ自業自得のふらっふら。

見越していたかの様にこの週末は予定を入れていなかったので、今日は家でまったり過ごしました・・・が、年初の「今年は少しゆっくり過ごす」っていうのは一体何だったんだろー・・・? ^^;


全国津々浦々の美味しいものを全て知っているのではないかと思われる友人から、姫路はカフェ ド ムッシュさんのアーモンドバターを頂きました。

c0192744_21253967.jpg

アーモンドバターと聞いてアーモンドプードル→ガレット・デ・ロアを連想した私の脳は、こっくりと甘いクリームを予想したのですが、さにあらず。
優しい甘さの香ばしいペーストで、バターと言う名前ですが、マーガリンを使っている為か、軽い感じ。
休日の朝を豊かにしてくれました ^^

Pさん、ありがとうございました。
いつも本当にご馳走様です m(_"_)m


このところ、ずっと、一日中、Sebの歌のサビの部分が交代交代で頭の中をぐるぐる。
今日もずっとぐるぐるしていました。
Sebもそうなのかなー・・・時差ボケ、治ったかなー・・・ ^^


本番。

初めての東京ソロコンサート。
前晩の大阪コンサートにも出席された方も少なくなかったのだとは思いますが、それでもやっぱり、ちょっと、様子見と言うか、お互いにどう振舞って良いか分からない部分がありながらのスタートでしたが、サウンドチェックでにっこにこ、ミーグリでもきっとファンの方々の嬉しい顔からたっぷりのエネルギーをもらったに違いないSebは、いつもの笑顔で登場。

こちらの様子見気分を吹き飛ばす様に歌い始めてくれました。
その笑顔につられて、私達も、一気にコンサートに引き込まれ・・・、楽しい時間が始まりました。

一曲目、GOODBYE MY LOVER はダークなナンバーで、バンド音を思いきり出しており・・・、Sebとしては、DIVOとの違いを印象付けたいという意図があったのかなー、と、勝手に推測。
かなり非DIVOなイメージでした。
歌い終わって、これが一番音がやかましい(意訳)曲だよ、他の曲はここまでじゃないから心配しないで、みたいな事も言っていました(聞き違い多々ありなので違っていたらごめんなさい。ヒアリングまるきしー T^T )。

1曲歌い終わったところで、SeB、懐かしの、「YDK=やれば出来る子」発言。
確かこれは前々回のツアーの時に言い始めたジョークだったかと思います。
覚えましたねー。笑。

客席から笑いが起こり、和んだところで、ASHES、KINGDOM COME。

KINGDOM COMEの時でしたか、Sebが、立って!とジェスチャー、Sebも良く知っているノリの良いファンの方の方にアピールすると、その方も応えてすぐさま立ち上がり、私も、周りまだ誰も立っていないのでちょっと度胸要りましたが、立ち上がりました。
前方の方々も立ち上がり、徐々に立つ人が増えて大盛り上がり・・・、Sebがものすごく嬉しそうな笑顔を見せていました。
こちらも嬉しかったー ^^

どの時点でだったか・・・KINGDOM COMEの後のどこか、コンサートの前半だったと思うのですが、「最初に日本に来て歌った時、あまりにしーんとしているので、メンバー同士顔を見合わせて、どうしちゃったんだろう、大丈夫か、みたいになっていたら、UDOさんが、あれが日本のスタンディングオベイションだ、と言った」、というエピソードを話していました。
「だんだん皆さん変わって来られて反応も大きくなって嬉しい」、と。
笑。

ソロのSebはDIVOとは違う・・・を初回だからこそ強調したいのではと思うSebですが、DIVOからのファンが多いのも良く知っている為でしょうか、DIVOの曲も、2曲、歌いました。
ABRAZAMEとMAMA(続けて歌った訳ではありません)。
バレンタインデーならでは(?)の、ロマンチックな雰囲気の曲と、Sebがいつも言っているお母さん達への感謝。
素敵なチョイスだなと思いました ^^

そう、バレンタインデー。
西洋の方らしく、バレンタインはお互いに祝うものと思っているSebにとっては、バレンタインは、コンサートに来てくれた私達への感謝を表すのに格好のきっかけだったらしく。

サプライズがあるよ、と、事前に行われたインタビューで話していたのですが、そのサプライズは、Sebが席番を引く抽選で当たった方が、ステージに上がり、SMILEを一緒に歌う、という企画でした。

当たった方は、丁度、お着物を着ていらっしゃる方で、Seb、ステージへN階段を無事に上がれるか、心配に。
(お相手が洋服の方でもきっとそうした事と思いますが、)階段まで行って、手を差し伸べ、一生懸命助けて上げていました。
幸いお着物を着慣れていらっしゃるお方だった様で、一段一段がちょっと高かったのは大変そうでしたが、すそ裁きも美しく昇って行かれ、ステージ中央にある、これまたちょっと高めのスツールに座らせられ、SeBと、SMILE ♪

歌っている間中、肩を抱かれ、顔を覗き込まれ、彼女もまた顔を上げてSebを見つめ・・・
予定では多分最後に"smile"と繰り返すパートを代わりばんこに歌うのだったと思うのですが、どうやら彼女が恥ずかしがり?
いまいち「一緒に歌おう」になり切れていない感はありましたが、楽しくて素敵な一幕でした ^^

そして、歌い終わると、Sebから彼女へ、大きなバラの花束をプレゼント。
一生の思い出ですねー・・・きっとものすごく嬉しかったに違いありません・・・ ♡

さて、ツアー前のインタビューで、日本のコンサートではフランス語でも歌うよ、と言っていたSebですが、大阪ではどうやら歌わなかった様で・・・。
リハーサル等の結果、予定が変わったのかな、と、ちょっとがっかりしていたのですが、この日は歌ってくれました ^^
前回のDIVOツアーで、パリでのテロ事件を受けて痛みの中にいた時、ありったけの心を込めて、やはりソロで歌ってくれていた、愛の賛歌。
あの惨事を思い出し、あの時のSebの胸中を想い、今はとりあえずは平和の中で歌える事を嬉しく感じながら聴きました。
サウンドチェックの時に、「2日続けて来てくれている人もいるので今日は1曲多く歌うよ、大阪のコンサートだけに来てくれたお客さんには怒られちゃうかも知れないけど、今日のお客さんはラッキーだね」、と言っていたのですが、この歌だったんですね・・・。

今回のアルバム、海外でリリースされているものは、全て英語の歌なのですが(Seb自身がINROCKのインタビューで今は英語が第一言語だと言っていましたねー)、日本盤は、ボーナストラックに、スペイン語の歌、HABLEMOS が入っています。
きれいな歌で、私的には気に入っているのですが、この歌も、後半で歌ってくれました ^^

c0192744_01492417.png

・・・コンサートも、そろそろ終盤。
UNCHAINED、WHYと若干静か目の曲が続きました。
最後は、CHEER ME UP。
ダンサブルな曲に、みんなで、わーっ!と盛り上がったところで、・・・あれ?
Thank you等言いながらでしたが、割とあっさりSebが消えてしまい、慌ててアンコールの拍手を始めました。

やがて、一旦消えていたバンドメンバーが戻って来て、アンコール ^^
やはりダンサブルなナンバー、UP、そして、WE CAME HERE TO LOVE。

2曲歌ったところでSebが引っ込んだので、さすがにこれで終わりかと思ったら、もう一度アンコール。

もう一度UPを歌ってくれました。
曲中の、"up, up, up!"と繰り返すところには、腕を下の方から徐々に上に上げて振るという振り付けが。
当然、一緒に腕を振り上げます。
笑。

一緒に踊って、跳ねて、叫んで・・・、盛り上がりまくって終わりました。
楽しかったーーー・・・ ^^


次のアルバムは日本で出すよ、と、サウンドチェックで言っていたSeb。
若干クラシカルなものになるそうで、日本語の歌も入れたい、と。
楽しみです。

次回のソロコンサートも、絶対、行きます。

待ってるーーー!!!!! 124.png124.png124.png124.png124.png

サウンドチェック。

今回はミーグリにも参加されるプラチナチケットの方は、40人程強いらしでしょうか、ゴールドでサウンドチェックだけ参加の方も、私を含め、数人。
総勢で何と50人前後の人が居ました ^^

左右と真ん中のブロックに分かれている座席の、中央ブロックに、前方より、プラチナの方から順番に座って行き、私たちゴールドは、6列目。
携帯・スマホで写真を撮るには少し遠い距離でしたが、歌を聴いたりステージを見ている分には、十分に近い位置でした。

事前に、係りの方から、盛り上げて下さいね、とのお言葉がありましたが、皆さん、この日を待ちわびていた方々ばかり。
Seb登場と同時に、きゃ~~~~~っ!106.png113.png126.png

一言、二言、挨拶の言葉があってから、KINGDOM COME と WE CAME HERE TO LOVE を続けて歌ってくれました。
勿論、全員、最初から立って踊って叫んで・・・、Seb、本当にとても嬉しそうでした ^^

c0192744_22181883.png

歌、良かった~~~ ^^
アルバムを手にする前は、DIVOとはまるきり違う雰囲気と聞いていて、どんな音楽なのか分からなかった為、少し不安もありましたが、聴いてみて、楽しめていましたし、生はやっぱり違うーーー。
しかも50人の為だけに歌ってくれているライブは本当~に距離が近く、敢えて親密と言う言葉で表現したい、素敵な時間でした。
ほんとさいこー ^^

それから、Q&Aコーナー。
質問権はプラチナの方々だけにあるので、私は何も訊く事は出来ずーーーそこがつまらないのでプラチナの方が面白い事は確かですかねーーー、なのでこちらに内容を書く権利もないかなーと思い、割愛・・・ごめんなさい・・・。
こちらもでもやはり楽しいひと時でした。

さて、サウンドチェックはこれにて終了、ミーグリの為、全員、会場を後にしました。

ところで、先ほど、親密と書いたのですが、サウンドチェックパーティー中に、Sebが、僕達は家族だ、と言う事を言っていまして・・・、とても嬉しく感じました。
おかしな表現になってしまうかもなのですが、Sebが歌っている間、何と言うか、そこにいる全員が一緒にハグし合っていて、大きな輪っかになっていて、その中でSebの体温をすら感じる様な・・・って書くと何かsexualに聞こえてしまいますが、それよりもむしろ温かさや安心感を覚える様な、そんな時間でした。
心地良かった・・・


ありがとー、Seb!
ほんとーに素敵なライブでした。

機会があったら、また、行きたいなー・・・ ^^