ハーブ

と、ワイン。
先月のワインセミナー @ DEAN & DELUCAさんのテーマです。

ハーブは3つのグループに分類されるそうです。

Minty - 7000種類以上ある、読んで字の如し、ミント系。バジル、ラベンダー、バーム、オレガノ、セージ。肉・魚に、赤ワインと。オーストラリアのシラーとか。
Woodsy - 木、乾燥した香り。ローリエ、ローズマリー。固くてまんま食べるのは不可。wood-樽。赤ワイン。
lemony - やはり読んで字のごとし、レモングラス、レモンバーベナ、レモンタイム。魚、特に白身魚+白ワイン。

ところで、ハーブが余った時、オイル漬けにするのは有名ですね、オリーブオイルに漬けて、1~2週間、窓辺など暖かいところに置いて使います。
他に、やはりオイルを使って、アイスキューブを作るのもお勧めだそうです。凍ったらジップロックか何かに入れて。そのまんま使えるそうです。
頭良い~ ^^


ワインたち。

Sauvignon Blanc 2014 - Dog Point - 新、マールボロー
ソーヴィニヨン・ブラン100%

有機栽培だそうです。南島の最北端、乾燥していて雨が少なく、良く熟します。トロピカルフルーツのみたいな香り。柑橘系のアロマ。
トマト、きゅうり、オリーブ、スイカ、ミント or しその葉、ゴーダ or パルジャミーノを会えたサラダなんかと。
こちらは以前にも、このセミナーシリーズではなくて試飲イベントで、DEAN & DELUCAさんで頂いた事ありましたが、リッチな味わいで美味しいワインでした。


Marsanne 2012 - Yves Cuilleron - 仏、コート・デュ・ローヌ
マルサンヌ100%

地ぶどうです。ローヌという土地は野生のハーブが沢山生えているところだそうです。特に、ラベンダー、ローズマリー。100%有機栽培です。
クセがありました。香りは甘く濃いのですが、とがった酸を感じ、後で舌に刺激がありました。ブランデーの様に強い後口です。
グレープフルーツの皮、白桃、ヘーゼルナッツ、アーモンド、はちみつ、黒酢。
パエリア、地中海料理 - ブイヤベース - たこ、オリーブ、ガーリックなんかを入れて、ハーブ入りの春巻きなんかとも。


Olmo's Reward 2008 - Frankland Estate - 豪、西オーストラリア州、フランクランド・リヴァー
メルロー 17%、 カベルネ・フラン 62%、 カベルネ・ソーヴィニヨン 5%、 マルベック 16%

南極から風が吹いて来る、西オーストラリア州で一番涼しい地域だそうです。30%新樽のフレンチ・オークの樽で2年間熟成させました。
きれいな果実味、柔らかめの渋み。ベリー、スパイス、タバコ、モカ。
カベルネ・フランがシガー・スモーキーなものなのだそうです。
燻製、カジキマグロと豆とパプリカにwoodsyなハーブを加えて。


Syrah 2012 - L'Ecole No 41 - 米、ワシントン州
シラー100%

ブルーベリー、土。スパイシー、ソフトなタンニン。
地中海のハーブ料理と良く合うそうです。あと、ラム。ラム+香草+パン粉。炊き込みご飯、パエリア - 水ではなく鶏がらスープ or 野菜のだしで。


本日のプレート。

c0192744_22224585.jpg

えー、写真撮るのを忘れて一口食べてしまってから、はた、と気づいて慌てて撮った、の一枚です。
お恥ずかしい ^^;

ベーコンとチーズ(ファットリアビオさんのモッツァレラ)が美味しかったでした ^^


いつもながら、ワイン、おつまみともにいずれも美味しかったでした ^^
ご馳走様でした~ m(_"_)m


実は7月のクラスも既に終わっていたりして。
追いつかない~。
焦 ^^;




by yukosy | 2015-07-08 22:09 | Comments(2)
Commented by プー at 2015-07-09 08:02 x
確かに追い付かない。(笑)
毎回、yukoさんの記録を読んで、記憶をよびさましている私には、こちらのブログ、本当にありがたいです。
6月もおいしかったけど、7月もおいしかったです。
毎回、お店の思惑にまんまとはまってます。
Commented by yukosy at 2015-07-12 01:14
>プーさん、
7月は熱いトークがありましたね~。
笑。
講師の方のリサーチに感謝です ^^
まんまとはまっているけどその甲斐があるものを頂けていますものね。
有り難や~ ^^