またまたツイッターですが、面白い話が回って来ました。

オランダの王様が、21年にわたり、国民にナイショで、月に2回、KLM=オランダ航空の副操縦士としてフライトに臨んでいたという、ある意味ぶっ飛んだお話 ^^;

えええええーっ ^^;

国王が乗っていたのは、短距離路線のみで、乗客数最大85人の"Fokker 70"と言う飛行機です。
・・・すぐ帰って来られないというのはいかんので長距離はナシ、と。

機内アナウンスもしていた様ですが、名乗りはせず。
声でそれと気づいた人も居たかも知れないけど、だって。
いやー、似てるとまでは思っても本人だとは思わないんじゃないでしょうかねー、まさか王様がコックピットに居るなんて。

受け入れる側もぶっ飛んでますよねー?
何かあったらどうすんねん、止めてー、とか言わないで乗務させちゃってた、って言うんですから。

写真右側が国王だそうです。

自由だ。
自由過ぎる・・・。

いや、面白い。
ウケました。


全く関係ありませんが。
勤務先ご近所にオダマキさんがいらっしゃいましたー。

c0192744_23154751.jpg


若干急いでいたもので、適当に撮った写真でごめんなさいなのですが。
面白いお花ですよねー、造りも色合いもお名前も?
それぞれに、割と、あちこちを向いていて、おしゃべりしている女生徒みたい。
可愛いかったでした。

きれいに咲いていてくれて、ありがと~ ^^


ツイッターで面白い記事が回って来ました。

スマホ等電子機器に向かって、口頭で何か質問を発して、日本語にしても英語にしても聞き取ってもらえなかったという経験をお持ちの方は多いと思います(自分、日本語でも英語でも経験済み)。

今回、Siri, Google, Alexa(Amazon) の3機種の、「聞き取り力実験 @ 英語」の様なものをした人々がいました。

流れて来たのは、その様子なのですがー。

普通に英語の発音も含め、色んな国の言語の訛りをそのままに、3機それぞれに対して同じ質問文を発し、どの機械がどの言語の訛りはOKだったかどの言語の訛りではNGだったか、を、4文にて試してみたところ、それぞれの文で、3文までは、複数言語、複数機種がそれぞれ聞き取れなかったという結果でしたが、残る1文、"When was Benedict Cuberbatch born?"だけは、聞き取れなかったのは僅か1機種1訛り、ほっとんどパーフェクトにどの機械も質問を理解して正しい答えをくれたのでした。

どの機種がより良い結果を出すかを見てみる積りだった筈が、「勝者は明らかにベネディクト・カンバーバッチだった」という意味不明の結果にw

しかも、かなーりおかしな、あり得ない発音で言ってみても、ちゃんと、ベネディクト・カンバーバッチと聞き取り、生年月日を答えてくれるという。

どんだけー ^^;

映像、ちょっとだけ長いのですが(6分以上)、ご興味がおありの方、ご覧になって笑って微笑ましく思ってやって下さい。


このところ涼しい日が続いていますねー。
一時、ぐわっと暑くなって、もう夏じゃん、と思っていたら、この寒さ。
上着ナシでは過ごせません。

朝も、足元ストーブ点けちゃったりして・・・、さぶいんですもん ^^;

土曜日からは漸くまた気温が上がる様で、嬉しいです ^^


あと、2日。

c0192744_21322596.jpg


がんば~!166.png



「嘆きの王冠」初回先行上映は映画の後にトークショーがあったのですが、自分、時間なく、映画のみで劇場を後にしてしまい。
心残りを感じていたところ、今日、ツイッターで、そのトークショーを書きおこして下さった方の記事が回って来ましたー!
ありがたや~~~っ! m(_"_)m

拝読してみれば、どうやらシェイクスピアの書いたそのまんまを役者さんは演じていたとの事。
それを編集でカットはしてあったけれどまんま喋っているんだ、と。

すごいわー。

すごいわーー。

すごいわーーー。

歴代の役者さん皆さんほんとすごいわーーー。

よくまあこんだけ長々独白出来るなーと思いながら観ていたのですが・・・、お願い、記憶力分けて下さいーーー(そうじゃない)。

お昼休みにこの記事を見つけて、読んで、そのままぽかーんと口を開け、暫く、ぼーっと、そんな事を思っていました。


そんな今日のドリンク。

c0192744_23582081.jpg

昨日行ったスーパーに山と積まれていたのを見つけて興味がむくむく湧いたので、1本、ゲット。

渋みと色がないレモンティーを飲んでいるみたいで、不自然だよねーと思いながらも、自分的には美味しかったでした。
○○水みたいなのって最近は殆ど飲まなかったのですが、これはまた買おうかな。

地元で買うと会社まで持って行くのが大変なんですけどね。
笑。

ご馳走様~。



いや、ほんと、おススメです、嘆きの王冠。
DVD出して下さいーーーーー、絶対買うーーーーー!



サダハルアオキさんの抹茶アイス。

c0192744_22314361.jpg

朝一歯医者さんから映画館ちょっこー、お昼の時間が取れずに映画館でホットドックを詰め込んでお仕舞いになっていて、その後のいつものワイン試飲セミナーに、ほぼ空きっ腹を抱えて出る羽目になるぞ、こりゃ、困ったー、と思いつつミッドタウンをがしがし歩いていたら、前方のサダハルアオキさんより、アイスを手に持った外国人が出て来るのを目撃、美味しそー!あれ一個頂けばきっと解決!第一我慢出来ないっ!で、一旦、会場で待ち合わせた友人を放ったらかしにして(ごごごごめんなさい)、そっこーゲット、一瞬で平らげました。

美味しかったー!♡
ただ、マカロンクッキーは、落っことしてしまい、食べ損ねましたが・・・ orz

抹茶のお味は勿論しっかりしていて、コーンがパリッ、カリッ、と大変香ばしく。
サダハルアオキさんのお菓子って何頂いてもほんと美味しい・・・お高いけど・・・。

ご馳走様でした~ ^^

助かりましたー。
笑。



想定外の事が起こりました。

全7回の嘆きの王冠シリーズ先行上映、第1回、リチャードII世、本日渋々観に行ったのですが、これが何と想定外に面白かったのでしたー!!! \(^o^)/

シェイクスピアの書いた歴史ものに基づいたテレビシリーズ、と、wiki日本語版にあって、てっきり、どっぷりシェイクスピアなお話になっているのだと思っていたのですが、多々シェイクスピアではあるものの、かなり観易く作ってある、自分の目には、大変秀逸な作品になっていました。
セリフも、大分端折ったんじゃないかと思われる短さ(それでも時々長いし独白も結構あるけど)で、ちょー見易い・・・つまり脚本がすごく良い。

そして役者さんがほんと素晴らしいー! ToT

リチャードII世のベン・ウィショー(実写版パディトンでパディントンの声をあてた役者さん)、ヘンリーIV世のローリー・キニア(007のビル・タナー・・・ローリーの声の出し方は本当に素晴らしかった!)はじめ、ポワロ以外の役を自分は初めて観たところのデイヴィッド・スーシェ(発声がポワロとまるで違っていましたー、前につべでポワロの声の出し方を実演していましたが、普段の声って低めなんですよねー、低い声で話していて迫力もあったー!)、トム・ヒューズ(The Game)・・・、SHERLOCK でレディー・スモールウッドを演じたリンゼイ・ダンカンもちょっとだけど出ていました。

皆さんそれぞれに素晴らしかったのですが、ウィショくんとローリーはもうほんと・・・圧巻 ToT

ウィショくんの声がして来た段階で、姿はまだ出て来ないのに既に「えっ、これ何!?すごい!」ってなって、ローリーが一言喋った段階で「ひーえ~~~っ!」となり、後はもうかぶりつく勢いで見入っていましたー(ただでも正直ちょっと長くって、最後の方で、あとどれくらいかなと考えますた ^^; )。

お陰で、うっかり、自分はシェイクスピアが好きなのかも知れないと勘違いし掛けましたが、シェイクスピアにしてはセリフが短いよね、と思いついて、wikiったところ、先に横文字の方が出て来て、曰く、"an adaptation of Shakespeare's" と。

based on とか based upon じゃなくて、adapotion。

adaption=翻案、とか、脚色。

はてー、どんくらいシェイクスピアな訳?
やっぱり、まんまシェイクスピアは、私、ダメなんだわー ^^;


兎も角も。

このシリーズはどうやらベネさん以外も楽しめそうだと分かって、安心しました。
それどころか、ベネさんのおかげで、他のシェイクスピアっぽいお話にも触れられて、得したかも、とも、考え始めました ^^
笑。

この作品、ほんと、オールスターキャスト。
今放映中のダウントン・アビーの主役親子も出て来るし、007で、タナーの上司、Mを演じたディム・ジュディも、トム・ヒドルストンもジェレミー・アイアンズも出る。
そして監督はこれまた007のスカイフォールとスペクターのサム・メンデス。
わはー ^^

役者さんの輝き、役者さん同士のぶつかり合いも演出も、全て楽しみに、来月から6週間劇場に通う事に致します ^^


ところで、劇場にはこんな方もいらっしゃいます。

c0192744_03121209.jpg

ぶ。

「嘆きの王冠」と書いたものが置いてあるところ、座れる様になっています。
一緒に記念撮影が可能。

ぶ。

こんなものもあります。

c0192744_03132419.jpg

おやじギャグ ^^;

開くと、「あなたは誰々」、と、キャラ名が書いてあり、キャラ向けのお言葉が書いてあります。

私は、オーマールという、トム・ヒューズ演じる、若干、残念、つか、何考えとんねん、まっさおー、というキャラでした・・・。
ひー ^^;

劇場では、ウィショくん、トムヒ(ヒドルストン)、ベネさんの三人に因んだオリジナルドリンクも出しています。
今日は時間なくて何も飲めなかったので、次回はベネさんを飲もうと思っています。
笑。


素晴らしい作品、ありがとうございました~! ^^