連日騒いでおります、ボブたんとのミーティング(?)の件。

めぼしい写真は(めぼしくない写真も)、ほぼ、たんぶらに上げました。
ジャパンプレミアトークイベントとその後の撮影会と、多くはありませんが3ページになったので、万が一ご興味がおありでしたり、ヒマを持て余している方がいらっしゃいましたら、リンクからご覧になって下さいませ m(_"_)m


さて、紀伊国屋さんでのイベント、まずは、トーク及びQ&A。

撮影についてのお話しが面白かったでした。

ボブを演じる為に7匹(水曜日には6匹と言っていた気がしますが・・・)の俳優猫が居たのですが、人混みの中で演奏するシーンはどの猫ぴょんも怯えて演技が出来ず。
ボブ本猫は、でも、元々そういう生活をしていた為か、臆する事なく俳優さんの足元に座り、落ち着き払って群衆を眺めていて、キャストがお金を置きに来ると、一旦頭を下げてそのお金を見てからまたキャストの顔を見上げ、まるでありがとうと言っている様な仕草をする、これを、一度ならず次のキャストにもまた次のキャストにもやってのけた為、監督が、「もうずっとボブで!」と・・・。

・・・このお話は前々日にも聞いたので、既に記事になっているものをどこかで読んだ方もいらっしゃるかも知れませんが、名優ボブたんの活躍話は何度聴いても楽しくて面白い ^^
自分の猫ではないのに、身内の様な気持ちになって誇らしく思ってしまいました。
笑。


続いてQ&A。

面白かったのは、ボブは何か美味しい日本食を食べましたか?と言う質問に対して、「日本のキャットフード、ボブは大好きでガツガツ食べる、レベル高い」、そして、「ペースト(チュールみたいな)もとても気に入って喜んで食べている、イギリスにもあるけど日本のは本当に美味しいみたいで気に入っているよ」、と。
そかー、Bowenさんだけじゃなくてボブも日本食食べてくれたんだー。
笑。


幾つか質問を受けた後、ボブの為にそろそろ、と判断したのか、単純に時間だと判断したのか、Bowen氏が、質問あと1つ、2つ位で?という様な事を仰って、2つ質問を受けてから、いよいよサイン&撮影会。


机を挟んでだったので、お二人(?)とこちらの間にはどうしても若干の距離があったのは残念ですが、これはもう仕方ないですねー。

自分の番が回って来て、2枚、自分のあいぽんで撮って頂いた後、あいぽんを受け取っていると、Bowenさんが、「ハイファイブ撮るなら今だよー」。
はい?と振り向くと、まさにほぼハイタッチ状態!
うわあ、と、慌ててシャッターを切りましたー!

c0192744_15344810.jpg


イベント後、出待ちをしてボブ達をお見送りした後(エレベーターに乗り込んでから、ボブを運んでいたスタッフさんが、キャリーバッグの中のボブを高々と掲げて最後にもう一度、網越しではありましたが、ボブたんのお顔を見せてくれましたー、感激~!)、さて、帰り道に着いてから漸く落ち着いて自分の写真を見て気づいたのですが、あら、後ろで、Bowen氏、何やらやっていた?

c0192744_14525582.png

前足に手を掛けて、ハイタッチを作ろうとしていたのでした。

前足を持ち上げる様にして、せっせとご準備。

c0192744_14530245.png
サインと撮影はこの日会場で本を買った方が対象という事で、私も購入しましたが、予約時に伺ったところ、サインは、前から持っていた本にして頂く事も可能との事だったので、私は自分が持っていた本にサインをして頂きました。

この日、ボブたんは最初からかなりお疲れ or おねむな様子を見せていました。

登場もキャリーバッグで運ばれて来て、机の上に乗せられてからちょっとの間は落ち着かないのもあってお座りの姿勢でいたものの、トークが始まってわりと直ぐに伏せの状態に、やがて前足を内側に丸めて目を閉じ。
最初は尻尾が時折動いていたのが、そのうちには動かなくなり・・・。

眠っていた瞬間もあったのかも知れません。

そうだよねえ・・・朝から晩まで取材攻勢、寝ている暇はひとつもなかったのでしょう。
かわいそうで申し訳ない気持ちと、会えて嬉しいという気持ちと・・・。

そんなボブの状態と、ボブを思い遣りつつも出来るものならハイファイブが見たいと思っている私たちの心境も、良くご存知だったであろう、Bowenさん。

今思えば、その時も、何とかしようとしてくれていたのでしょうか、撮影が始まって暫くした時に、Bowenさん、一旦、ボブの前足の間に手を入れていたのでした。
私は、単に、「ボブー、大丈夫かー」、という気持ちが動作に現れたのかと思って見ていて・・・。

実際、そうだったのかも知れません。
割と直ぐに、氏は、ボブの前足から手を抜いたのですが、私が撮って頂いている時に、再(?)チャレンジ、成功したといった感じで、ハイファイブの形を作ってくれたのでした。


c0192744_15434268.jpg

やったー!いぇ~い! ^^


前の席の方から順番に写真を撮って、終わると直ぐに会場から出る形になっていた為、自分より前に撮影をされた22人の方はこのハイファイブをご覧になる事が出来なかったのは残念ですが、連日のお仕事でいっぱいいっぱいだったであろうお二人のお気持ちに、胸と目頭が熱くなりました・・・。


ありがとー、Bob!
ありがとー、Bowenさん!
ありがとー、紀伊国屋さん!



ありがとー・・・!!!! T^T

c0192744_01372645.jpg

今日はトーク&サイン会&3ショット撮影会でした ^^
ボブちゃんと再開♡

トークも撮影も楽しかったでした。

んが。

昨日は全く別のイベントがあり、一昨日はボブのプレミアで・・・、と、3連チャン ^^;

さすがにへたばりました。
笑。

続きはまたの機会にー。
笑。


どぞ、皆様、良い週末をお迎え下さいませ・・・! m(_"_)m


問われれば、間違いなく、犬、な私。

でも今日は猫の虜~!♡

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ、プレミアに行って参りました。

真ん中よりも後ろという、映画を観るには見やすいけれど、猫を観るには遠い席でしたが、ほぼセンター ^^

でーもー。

チケットに撮影禁止と書いてあるので、プレミアなのに?ボブの為??と、一応素直に信じて望遠を持って行かなかったのが・・・一生の不覚・・・ orz

撮影OKのアナウンスがあって、あああああ~~~望遠~~~~~っ! T^T

c0192744_00523517.jpg

でも一応ハイタッチ撮れました~ ^^

c0192744_00525367.jpg

ハイタッチの後、申し合わせた様にこちらを向く二人 ^^

ボブちゃんは超絶腹減りだった様で、ほぼずっと、著者さんの持つチュールに食いつきっ放しでした。
ジェイムズさんがインタに答えていて手が遠くなると、前足で引き寄せて、チュール頂戴!と。

可愛かった~~~♡

会場全体がボブにめろめろ、控えめながら感嘆の甘い声が洩れなくあちこちから聞こえて来ました ^^

映画も良かったです。
原作とは違う部分もありましたが、私には感動するお話でした。

明後日は誰が何と言おうと望遠持ってくんだからもー。

ご興味がおありの方、是非、作品、ご覧になって下さいませ m(_"_)m
めろめろ必至です。

笑。

お弁当用のバゲットを買いにヴィ・ド・フランスさんに入り、序でに朝食べるパンも欲しいなー、と、菓子パンの方に向いたら、くじらがいました。

そっこー、ゲット。
笑。

c0192744_23381497.jpg


噴水(違)から頂こうとして、クッキー生地の水を抜いたら、しかし、違うものに。

c0192744_23382822.jpg



お化けじゃ ^^;
ぶぶぶ。

朝から笑かせて頂きました ^^

中に果肉が入っていてちょっとジューシーな、私の好きなタイプのメロンパン。
美味しかったです。


ご馳走様でした~ ^^

中釣り広告を見て、飲んで見たし!と思っていた、Mets の The BITTER。

c0192744_21134315.jpg


確かに、苦いー ^^;

予想よりちょっと皮的苦さが際立って、自分としては、おちゃけ以外ではここまで苦くなくて良いなーと思いました ^^;
普通のMetsの苦味(って言う程苦くないけど)で十分かも ^^;

思ったより軟弱だった自分の舌にびっくりの巻でした。
笑。


今日はすごーくバタバタしていたのに、頭の中、ややのんびり目に、IL VOLO の Grand Amore ( 歌は 0:26 頃から始まります)はサビの部分が、ぐーるぐる。
お陰で落ち着いてみたり、時々、ちょっと黙ってー・・・ (~_~; となってみたり。
笑。

自分の周り、彼らのファンが増えており。
一番最初に彼らの事を教えてくれたのは、DIVOの関係で知り合った、アメリカに住んでいる日本女性でした。

私もまあ好きなんですが、DIVO程ではなく・・・そのうちマイブームが来るのかも知れませんが。笑。
好きな曲(というか好きなビデオ?)は2~3あって、時々聴いています。
今のところ一番好きなのは、Somebody to love

欧米、特に出身国のイタリアでは、老若男女に人気の様です。
全員まだ二十代前半という若者達。
この晩秋、日本にも来るのでした~ ^^