説明的な写真が多くなってしまい・・・。

自分の写真の下手さ加減に嫌気が差したところの、ケープ展。

c0192744_21171244.jpg


↑ の写真、
お世話になっております。

しろくま様 m(_"_)m
c0192744_00041839.jpg

あ、違った。
黄ぐま様。

かき氷がマンゴー味になっていて、トッピングのマンゴーも勿論美味しくて、食べるとお約束の「キーン」があって。

ぼかぁ幸せだなー、と思いました。
笑。

ご馳走様~ ^^

今日も、日中は暑かったけれど、今は、涼しい風が吹いています。

良く眠れそう。


zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


泡が好き111.png

ワイン試飲セミナー @ DEAN & DELUCAさん。
本日のテーマは、スパークリングワイン=暑い夏に爽やかさをくれるお楽しみ ^^

以前には、泡は泡でもシャンパンだけ、の回もありましたが、今回は、敢えて、シャンパンは、なし。
暑さを掃う飲み物として、シャンパンよりも泡の勢いの良いもの&お値段を考えずにごくごく行かれるもの特集でした ^^

スパークリングワインの生産量第一位は、やはり、フランス。
でも、輸出量の第一位は、イタリア。
そして、消費量第一位は、ドイツ。

ドイツは生産量も多くて、フランス20%、イタリア18%に次いで三位の15%。
次いでスペイン10%、ロシア10%と続きます。

この、ドイツの占める位置って、何となく分かる気が。
基本泡がお好きな方々なんだろうなー、と ^^
輸出は殆どしていないそうです。
ほぼ、自分のところで飲んでしまうという。
笑。

ロシアの生産量が10%というのも驚きでしたが、こちらもまた国外には出ず・・・、全部自分で飲んでしまうのだそーです。
笑笑。

そんな具合で、欧州とアフリカでの消費が、全体の78.02%。
巨大マーケットですねー。
アメリカ16.14%、アジア・オセアニアは5.84%・・・少な ^^;

・・・という話をしていると、スパークリングワインの生産量も多い気がして来ますが、作っている量自体は、ワイン全体の生産量の7%。
割りと少ないんですねー・・・、ちょっとびっくり。

さて、こちらにフランスのスパークリングワイン生産のマップがあります。
AOCの数、何と、32。

最大は、やはり、シャンパーニュ。
製造に関する規則も一番厳しく、旨味があり、リッチで、デリケートな泡が特徴ですが、その他のスパークリングワインも、勿論、それぞれに美味しさの特徴があり、使う品種も製法も、様々。

シャンパーニュ地方は酸味がありジュースが多い品種を完熟を待たずに収穫して作る、ブルゴーニュ地方はしっかりした造りの、糖度が高く酸味が少ない、樽熟成に適したものを使う、etc.

お話しした様に、この日はシャンパンはありませんでしたが、シャンパンを発明したと言われている、ドン・ペリニヨンについて、面白いお話がありました。
その通説 - シャンパンを発明した - は、まつがいだそうで。
笑。

シャンパーニュ地方に、ぶどう畑のオーナーである両親から生まれた彼は、長じて、ベネディクト会という戒律の厳しい観想修道会に入会、ワイン作りを任されました。

彼的には、普通にじっとしているワインを作ろうとしていたのだそうです。
んが、春になると、どうも、勝手に瓶内二次発酵を始め、普通のワインにならないものが出て来てしまい・・・、むしろ困っていたのだそうです。

ある時、彼は南仏にある修道会に、少しの間滞在する事になったのですが、何と、そこでは、ふつーに発泡したワインを作っている!

「えー、ちょっと、どうしたんですか、こんな泡立つもの作って、売れないでしょう?」
「えー、ちょっと、何言ってるんですか、泡がなきゃ売れないでしょう?」
「うっそん ^^;」

そこで彼は発泡ワインの作り方を学び、シャンパーニュに戻ってからは、発泡と非発泡、両方のワインを作る様になったのだそうです。
泡問題が解決したどころか売れるものが増えた訳で、万々歳 ヽ(´▽`)ノ

シャンパーニュの、彼がスパークリングワインを作っていた修道院は、今は美術館になっており、スパークリングワインの歴史を見る事が出来ます ^^


本日のワイン達。

Berrys'Crémant de Limoux,Antech-Limoux - Berry Brothers & Rudd/Maison Antech - 仏

シャルドネ 70%、シュナン・ブラン 15%、モーザック 15%
アルコール度数12%です。

ワイナリーの名前を聞いただけで、もうこれ絶対美味しいと分かるこのワインは、1531年創業の最古のスパークリングワイン会社が作っています。
現在6代目が当主を務める家族経営のワイナリー、Antech が、Berry Brothers & Rudd用にワインを作っているのが、Antech-Limoux ^^

ワイナリーがあるのは、ピレネー山脈近くの標高400mの土地。
ピレネーの向こうはスペインで、そちらではCAVA=スパークリングワイン@スペインを作っています。
似た様な環境で似た様なものを作っている?
笑。

モーザック - 南の品種でボディと渋みがある - から来る苦味があります。
後から濃厚な蜂蜜の風味が感じられますが、それは、CremantのLimouxの特徴だそうです。
ステン。

地中海料理等、オリーブオイルたっぷりの料理、地中海のハーブと合います。
スモークサーモンや海苔入りオムレツとも。

このワイン、自分はとても気に入りました ^^


Blanc de Blancs Brut - Jed - 亜

シャルドネ、シュナン・ブラン。
配合は不明ですが、恐らく半々位では、との事でした。
アルコール度数12.5%。

大学時代の同級生3人が、一緒にワインを作りたいと思い、土地を物色、こちらに辿り着いて気に入り、この地でワイナリーを借りてのワイン作りを始めました。
なので、オーナーは、3人。
オーストラリア人で、それぞれ、カリフォルニア、西オーストラリア、シドニーと別々の場所に住んでおり、年に一度、こちらに集まって仕事と旧交を温めるの一石二鳥をする、という面白い経営をしています。
楽しそー ^^

色々なワインを作っているメンドーサというワイン産地の一番上、標高850~1500mの場所。

シュナン・ブランからの、洋ナシやシードルの様な風味があります。
シトラス系の風味と、酸味もあり、スモーキーで、泡が、見た目大粒でしたが、口に含むと細かく感じられ・・・、色々と特徴的なワインでした。

レッドオニオンソテー( or オニオンのカラメリゼ)+ブール( or ブリー or カマンベール)なんかと。


Blanc de Noirs Brut - Gruet - 米

ピノ・ノワール 75%、シャルドネ 25%

アルコール度数12%です。

ニューメキシコの、ぶどう栽培自体は1629年からの歴史を持つ、アメリカ最古のぶどう産地にある、1967~のワイナリーです。
共同組合の会社としてスタートしました。
南北戦争の影響で一時閉鎖されましたが、やがて、再開。

ニューメキシコがアメリカの一部となった1912年頃には、こちらのワイナリーは、ミサ用ワインを作る仕事をしていたのが、1984年に、スパークリングワイン専門のワイナリーに転身、機械や情報を全てフランスから持って来て、現在では、ニューメキシコ最多量のスパークリングワインを生産しています。

標高400~500m、乾燥していて、夜は砂漠の様に気温が下がる、寒暖の差が大きい地域。
Blanc de Noirsというネーミングではありますが、繊細な味わいの為にシャルドネ25%を加えて作っています。
瓶詰め後2年間寝かせて出荷。
透き通った酸(意味不明ですみません)、コクと膨らみがあり、力強い、青りんごと赤いベリーの風味のあるワインでした。

シンプルなピザと。


Quartet Anderson Valley Brut - Roederer Estate - 米

シャルドネ 58%、ピノ・ノワール 42%。

アルコール度数12.5%です。

Louis Roedere = シャンパーニュNo.1メゾンと同じオーナーさん。
Louis Roedereでは、ピノ・ノワール 6割のワインを作っていて、こちらではその反対のワインを作っています。

6代目のオーナーが、アメリカで、自分が理想とする美味しいぶどうを作る場所を探して、ソノマ・ナパを調査、果実味が強過ぎていけない、シャンパンには熟しきらない酸っぱいシャルドネがベストなんだー!と、更に探しまくった末に辿り着いたのがこちらでした。
山の多いでこぼこした地形の谷間、霧がたっぷり立ち込める場所で、シャンパン用のぶどう苗を輸入して、ぶどうを作り始めました。

配合はフランスと逆ですが、作り方は一緒、一番搾りのみを使用するところも一緒、複雑な味わいの辛口なスパークリングに仕上げています。
りんご、スパイス、ナッツの風味。

チキンサラダ - ペカンナッツ( or くるみ、アーモンド)、セロリ、ポピーシード( or ごま)、ぶどう等を入れてマヨネーズで和えたもの等と。


本日のおつまみ ^^

c0192744_16562162.jpg


奥から、はもんみなかみ(育風堂さん)、スモークサーモン(DEAN & DELUCAさん)+発酵クリームチーズ(上ノ原ファーム)、マグロのコリアンタルタル(DEAN & DELUCAさん)、牛カイノミのステーキ 黒にんにくソース(DEAN & DELUCAさん)、クラシック ラタトゥイユ(DEAN & DELUCAさん)。

全部美味しかったー! ^^
ご馳走様でした~ m(_"_)m


8月は淋しいことに休講ー T_T

また、9月、気合を入れて臨みたいと思います・・・!166.png

気温や湿度の低い日がぽん、ぽん、と入って来てくれていますね ^^

身体が楽~! \(^o^)/

今日も夕方には温・湿度共に下がってくれて風もある上に電車の時間まで30分以上もあったので、上野までお散歩。

c0192744_22542583.jpg

公園に着いたら、わわわわ、咲いてる!♡

洩れなく写真を撮りました。

c0192744_22552444.jpg

咲いてる、っても、夕方なので、咲き終わり。
お花達は、くてっ、としているか、蕾かのどちらか。

c0192744_22561470.jpg

でも素敵 ^^

c0192744_22563444.jpg

可愛い ^^

浴衣を着た女性達が、弁天堂を背景に写真を撮っていました。

c0192744_22575317.jpg

素敵な光景 ^^

と、雀が三羽。

c0192744_22585864.jpg

じっと動かずこちらを見ているので、カメラ構えたら逃げてしまうかと思いつつ、なるべく脅かさない様にしながらシャッターを押す。
あれ、全然動かない。
シャッターを、押す。
まだ動かない。
シャッターを、押す。
・・・えーと? ^^;

結構動かず(身動ぎ位はしましたがこの葉っぱからは出ず)、ちょっとしてから漸く一羽が隣の葉っぱへ、

c0192744_23014193.jpg

えー、行っちゃうのー?私、どーしよー。

そんな会話が聞こえて来そうな ^^

でも、やがて、どこからかもう一羽飛んで来たところで、左の子が飛び去り、私も、そろそろ行かないと電車に遅れてしまうな、と、カメラをしまって歩き始めました。

癒された~~~ ^^

c0192744_23022236.jpg


お花も雀も葉っぱも何もかも、ありがと~ ^^

明日も、気温はちょっとだけ低めとか。

生き返る~~~~~ \(^o^)/

会社のエレベーターが、毎日、これ ↑ を教えてくれます。
割とどうでもな事も多いのですが(失礼 ^^; )、今日はかき氷の日だそうで。
これ、大事。
笑。

c0192744_21242147.jpg


かき氷にふさわしいむしっ!とした一日だった事は確かで。

作りたてのかき氷を頂くには至らなかったのですが、帰宅してから、しろくまくんのいちごバージョンを(全部じゃないけど)頂きました。
頭がキーンとして美味しかった~ ^^

救われた気分。
笑。

ご馳走様~ ^^

今はそれなりに素敵な風も吹いていて、今夜はまたエアコンなしで眠れるかも、と、期待しています。

話は変わりますが、日本での上映を危ぶんでいたのが上映が決まって小躍りしている、「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」(現代 A Street Cat Named Bob・・・何でタイトルに変な尾ひれ付けるかなー相変わらず・・・)、来月初旬のボブ&著者さん舞台挨拶付きの上映に当選しました~! \(^o^)/
なので行って来ます ^^

紀伊国屋さんで行われるサインと写真撮影付きのトークイベントも申し込めました ^^
なので行って来るー! \(^o^)/

ボブ、大好きです。
2年前、ロンドンに行く前に、会えないかなー、等と呟いていて、あちらでも会えなかったのに、まさか日本で会えるとは。
まさか来日はとても嬉しいのですが、何しろこちらは暑いし、長旅だし、で、ボブたんの身体がちょっと心配。
元気で来日して元気で帰ってくれます様。

祈ー! ♡