しかし、あっと言う間です。

午後着いてお風呂入ってご飯食べて星見てもう一度お風呂入ってまた星見たと思ったら、もう、帰る時間。
笑。


c0192744_15310749.jpg


朝ごはんです。
一口ずつのプレートが美味しかった ^^

夕べからずっとお腹が減っていないので、若干詰め込む感がありましたが、丁寧に作ってきれいに整えて頂いている食卓はとても気持ちの良いものでした ^^

ご馳走様でした~~~。

帰り際、ずっと気になっていた、あちこちにある、この藁で作った人形の様なものが何なのか、訊いて見ました。

c0192744_14585013.jpg

サイズや顔は違えど、温泉郷入口にも、お世話になった宿の前にも、他の旅館の玄関先にも置いてあって、とても意味あり気だったのですが、湯屋守様という神様なのだそうです。

昼神温泉の神様、湯屋権現様は、12月1日から3月の初旬まで、3ヶ月間、温泉に浸かって休まれるのだそうです(なので、自分たちも、昨夜、2回、それとは知らずに神様と一緒に入浴をしたのでしたー ^^ )。
その間、湯屋権現様に代わって昼神温泉を守って下さるのがこの湯屋守様。

それであちこちにいらっしゃったのですねー ^^

因みに、こちらが温泉郷入口に安置されていて、自分が一番最初に見た湯屋守様。

c0192744_15041208.jpg

ほとんどオッコトヌシ様です。

こちら、温泉郷のガイドセンター玄関にいらした湯屋守様。

c0192744_15051799.jpg

ちょっと小型で可愛かったでした。

因みにちなみに、ガイドセンター脇にあった自販機は、

c0192744_15060972.jpg

星が日本一きれいに見える認定をされた阿智村ならではのお化粧を施されていました ☆

で。
こっからが問題で。

はなやさんは、お宿とパーキングエリア間の送迎はされていない旅館だったので、時間が合う便があれば、バスを捕まえるか、タクシーを頼むか、または、歩くか。
笑。

バスはないけど、時間はたっぷりある。
笑。

歩きましたー! \(^o^)/

嫌がる友人を無理くり引きずり、てくてく。
観光だ、とかうそぶきながら、てくてく。

c0192744_15113880.jpg


マンホールの蓋。
おされ~ ^^

阿智川は水がとてもきれいでした ^^
上流にはダムがあるらしく、放水の時はまた違うのかも知れませんが・・・。

c0192744_15120027.jpg


魚、居るのかな・・・、はっ!昨日食べた川魚はもしかしたら料理長さんがここで釣って・・・? ← 絶対違 ^^;

はるか向こうには、何山たちだか知らないけれど冠雪した山並みが見えたりして、なかなか良い景色 ^^

c0192744_15121307.jpg

それにつけても寒いらしく、あちこちで、どぶ(山の上からの水が流れているのだと思いますが)の中にも氷がついていました。

c0192744_15183160.jpg

ひー ^^;

方向音痴には自信がある私達、ちゃんとパーキングエリアの到着出来るかいささかどきどきしながら歩きましたが、1時間程で何とか到着、コンビニで軽く飲食をしてバスを待ち、無事にバスに乗り込み(復路は満席)、ぐーすか眠ったり窓外を眺めつつ(富士山も見え申した)、

c0192744_15210136.jpg


東京まで帰って参りました。

あっと言う間だったけど、楽しかったー ^^


c0192744_15315871.jpg



ありがと~~~ ♡


星空の写真ですが。

はは、は ^^;

自分、星を撮るのは初めてで。

一応、作例等を見て、予習はしてあったのですが、色々、不確定な要素があり・・・レンズの性能とか、ちゃんとした三脚を持っていない事とか・・・。
前晩には、ちょこっとだけ練習もしてみて、ほんのちょっとだけは手応えがあった様な気もしたのですが・・・、気のせいだったみたいで(え)。

いざ、本番となり、ふにゃふにゃな(ごめんなさい)頂き物の百均超小型三脚にカメラをセット、これで撮れる筈だという設定にしてチャレンジしてみたのですが、光量が極端に少ない中で、百均の三脚は無理があり。

どーーーーー頑張ってもカメラをきちんと固定は出来ず、ちゃんとした三脚を買うべきだったー、と、後やみつつ頑張って頑張って頑張って撮って、何とか見られるマシなのが、この辺。

c0192744_01200134.jpg

拡大すると手ブレがバレるのですが、このサイズで見る分にはさほどひどくは見えないでしょうか・・・、でも、ブレぶれです。
笑。

こんな感じが精一杯。
友達放り出して(ごめんなさい)すーごく頑張ったのに・・・、ほんとーに悔しかったでした。
三脚買えー>自分。

さて、自分たち、ツアー参加でこちらに行ったので、与えられた時間は、1時間半弱。
ねばっていたくても、それが限界。

星はきれいだしイベントはおしゃれだったけれど自分的最重要事項=星の撮影がほぼ成果なく、がっくりしながらバスに戻りましたー・・・星はほんとにきれいだったけどー・・・!

宿に帰り、まだ満腹なままのお腹を抱え、今度は貸切の露天風呂へ。

露天風呂は、予約不要。
現地へ行って見て、脱衣場の外に脱いだスリッパがなければ空いているので好きに入って良い、というシステムでした。

果たして、二つある露天風呂のうち、片方はどなたか使用中でしたが、もう片方は空いていたので、喜んで飛び込みました。
屋根と目隠しの柵があるので、星は見えないのですが、きれいな空気の中、もうもうと湯気の立ち込める中、思う存分、湯に浸かり、まーったり。
星見の時も、かなりの重装備で出掛けた為、ものすごく寒い思いはしなかったのですが、冷えるには冷えたので、ゆっくりお風呂に浸かれたのは有り難かったでした ^^

部屋に戻って、また、一服。

どーにも星撮影に未練があった自分、窓から外を覗いて見れば、イベント会場ほどではないけれど、それなりには星が見えたので、カメラを窓枠と窓で挟んで固定、またも友達を放り出して、色々に設定を変えながら、ひたすらシャッターを切りまくりました。

一番最初に何となく良い感じに撮れたのは、友人のコンデジちゃんを使わせてもらって撮った中の一枚でした。

c0192744_01390647.jpg

北斗七星(多分)が写っているの、お分かりになりますでしょうか。

自分のカメラとは設定の仕方等色々違っていて、目指していたのとは違う設定で撮る事になったのですが、その結果、良い感じの写真が撮れたので、狂喜乱舞、どういう設定だったのかを確認し、そこから考えて、漸く、自分のカメラで撮るコツの様なものが掴めたのでした。

カメラの固定という課題は最後まで残りましたが・・・窓枠と窓でがっちり押さえている筈なのに、それでもシャッターを押し込む時にどうしても少し動いてしまう・・・。
私の持っているKissx5は、シャッター、重いんですよねー・・・。

三脚買えー>自分。

c0192744_01475520.jpg

左下に写っているぼんやりと白いものは雪です。
時折、雪がちらついていました。

c0192744_01480704.jpg


c0192744_01492415.jpg

カメラの固定がある意味上手く行かなかったの図、ナナメってます。
窓枠と窓で押さえつけるのには限界がありますわ。
笑。

はー、楽しかったーーー ^^

ズッコケまくってがっくりもしたけれど、色々工夫したり、考えたり、チャレンジ出来たのは面白かったでした。
何も言わずに長時間自由にさせてくれた友人に感謝です。


c0192744_01495178.jpg

またいつかチャレンジしたいと思います。
その時はもっと沢山まともな写真が撮れると良いな・・・。
三脚も持って行こう。
うん。



楽しい一日でした。
ありがとーーー ^^

いざ、星見ツアー。

その支度がまず結構大変で。

旅行準備時にチェックしたツアーのページには、相当冷えるのでスキーウェアを着用すべし、なんて書いてあって、でも、スキーウェア持ってないし、スキーしないのにスキーウェアも何だかヘンだし、でもやっぱり買うしかないー?

体験者の声を参考にしようと、ネットの海をかなり探したのですが、昨冬から開催しているツアーな割に、口コミ情報が多くはなく、良く分からない。
春~秋に掛けての同じツアーについては感想が書かれているのですが、冬の感想がほとんどない・・・。
何でだろう??? (´・_・`)

良く把握出来ないままにごちゃごちゃと相談をした結果、長袖シャツにタイツを履いて、やっすいダウンに、レインコートの上下を着用、指なし手袋+指あり手袋、帽子に耳あて、分厚いマフラーにブーツにマスク、あとはカイロで補おう、というところに落ち着いたのですが、夕飯後、その装備一式を、膨れたお腹を無理やりしまって身にまとい・・・、どっかどっかと出掛けて行ったのでした。
ロビーでお会いしたホテルの従業員の方の目が笑いを堪えていた様に見えたのはきっと気のせい。

さて、宿から少し歩いたところにある別の旅館に参加者集合、そこから、約20分離れた現地まで、バスに乗せて行って頂きました。

春~秋のツアーの体験談を読み、会場は、標高が若干高いところにあるのだろうと想像していたのですが、割と普通にその辺の道路脇の様なところに駐車場があり、バスから降ろされ、はて?と思ったところで、気がつくと、割と普通に道路脇っぽいところに、忽然と、会場がありました。

ちょっとびっくり ^^;

c0192744_23294903.jpg

NAKEDシリーズのイベントは、他に、花のイベントに行った事があります。
お洒落に作ってあるなあと感心したのですが、こちらもそんな感じで、とてもスタイリッシュ。

新月の頃はスケジュール的に無理だったので、なるべく月が痩せている時期を選んで行ったのですが、1月半ばという、いまいちお正月から抜け切れていない頃だった為か、若干雪がちらついていた天候のせいか、それ以前の寒さのせいか、来場者はさほど多くはなく・・・。

c0192744_23284777.png

ゆっくり出来る環境でした。
私的には有難かったかも。

c0192744_23331804.jpg

真ん中に広場があって、その周囲にカフェをはじめとする施設がドーナツ状に作ってあります。

c0192744_23335961.jpg

文字は地面にレーザー(?)で書かれています。
デザインはやっぱり格好良い。

c0192744_23351791.jpg

ただ、正直、こう、捉えどころがないと言うか、洒落たデザインを楽しむ以外のどこを見たら良いのか、良く、分からない部分があり・・・。
壁がタッチパネルになっていて触れると説明が出て来る星の解説コーナーなどもありましたが、そして、こういったイベントでは無理もない事なのかも知れませんが、その解説も、軽め、浅めな感じがしたりして・・・、それでネットに感想があまり見られなかったのかなー、と思ってみたりして・・・

天候が良くて星の観測をちゃんと出来ればそれはそれで面白かったのかなー、とも思いましたが、生憎、雪がちらついていた為、観測会は実質中止、お一人、解説員の方が、頑張って望遠鏡を持ち出し、興味がある人に、一生懸命あれこれ見せて解説もして下さっていました・・・。

他の望遠鏡は皆さん休憩中・・・、

c0192744_23393021.jpg

ドーナツの一角の倉庫に置いてある望遠鏡やバケツが見えました。
スタイリッシュな演出の傍らで、これはちょっと残念だったかも。

・・・ネガな感想をあれこれ書いてしまいました・・・ごめんなさい。

そしてネガな事をごちゃごちゃ言っている割に、自分、施設の方はいまいち興味が湧かなかったのであまり見ず ^^;
星空撮影に夢中になっておりました・・・友達放っぽらかして ^^;
友達のビニールシートにべったり座って ^^;

ごめーん・・・ ^^;

ネガな事言ってしまいましたが、全く面白くないというものでもなかった気がします。
星が見やすい場所を教えてくれて、安全に見られる様にして下さっているのは有難いと思いますし ^^

ご興味がおありの方は、いらしてみたら、元々脳みそが明後日の方向を向いている私なぞには分からない魅力が見つかるかも知れませんので、是非~・・・ ^^

あちこちしまくっていますが、先々週末の星を観に行った続きをば ^^;

今回は、当初、天空の楽園 Winter Night Tour - STARS BY NAKED - に行こうかというところから話がスタートしたのですが、友人が、このツアーのチケットと温泉がセットになったプランを発見してくれ、何とも丁度良い、うきうきと申し込んだのでした。
因みに、現地までの往復は自力。

さて、3時前後に、本日のお宿、ホテルはなやさんに到着、一息ついてから、いざ、温泉にとっぷり浸かりに行きました。
お湯、良かったです ^^
浴場で一緒になった常連さんが教えて下さったのですが、お水で埋めずにそのままお湯を使っている温泉は昼神温泉の中ではこちらだけなのだそうです。
きっと、すぐ後ろが山なので、可能なんですね・・・。

あったまりました~~~ ^^

部屋に戻ると、程なくして、もう一つのお楽しみ、夕食の時間。
準備が出来ました、と、電話で知らせてくれました ^^

・・・お夕飯、半端なかったでしたー!

個室にご用意頂いていたので、行ってみると、じゃ~ん! \(^o^)/

c0192744_23080354.jpg

きれ~! 177.png

特に前菜のお皿は本当にきれいで感動したので、アップも載せちゃいます。

c0192744_23090769.jpg

一々全部美味しかったでした111.png

自分、今に至るまでチェックしておらず、良く分かっていないのですが、友人曰く、「ナイトツアー参加者のコースには付いてないんだけど参加しない方々用のコースには含まれていたサーモンと肉巻のお寿司を勝手にオーダーしといた」、との事で・・・、「はあ」と返事したところのお寿司が左下のお皿にあります。

c0192744_23091914.jpg

美味しかった~ 111.png
自分的には、肉巻きの軽く火を通したお肉が柔らかく、とても気に入りました。
しかも、誠実さ全開に、このお寿司達、かなり大きかった \(^o^)/

お刺身が載っているお皿は、百人一首 ^^

c0192744_23093130.jpg


私のお皿は紫式部でした ^^

c0192744_23094216.jpg

友人のお皿は、確か、柿本人麻呂・・・違ったかな ^^;

喜んできゃーきゃー騒ぎながら頂いていたところへ、ど~ん!

c0192744_23095285.jpg

料理長さんが山に入って取って来て下さったという、朴葉等を使った素晴らしいしつらえで提供された、天子の塩焼き ♪
立ち上がって写真を撮る私達 ^^;

c0192744_23100808.jpg

ナイトツアーに行くのを半分忘れて食事に熱中してしまいました ^^;

お次は、料理長さんが毎朝作られるという手打ち蕎麦。
ほっそ~くて、おつゆが良く絡んで、良く冷えていて、美味しかったでした~ ^^

c0192744_23102068.jpg

だんだんお腹がキツくなって来ましたぞ ^^;

鯛の蕪蒸しに、

c0192744_23103335.jpg

河豚の唐揚げ・・・ずっしり重い立派な河豚でした。
私、お刺身ですら河豚食べた事ない気がするんですがもうどうしよう 111.png

奥に見えるのは信濃牛。
すき焼きで頂きました~ ^^

c0192744_23104467.jpg


更に、ご飯にお味噌汁、香の物。
お腹パンパン ^^;

友よ、貴女のオーダーしてくれた2巻はひじょーに美味しかったけれどお腹にはキツかったかも知れませんぞえ。

でもしっかり頂いたデザート。
美味しかった~ ^^;

レインコートのズボン、入るかしらね? ^^;

c0192744_23105877.jpg

ご馳走様でした~~~ m(_"_)m
目にもお腹にもご馳走でした~~~! ♡

お品書きも記念にアップ。

c0192744_23114217.jpg

赤ずきんちゃんに出て来る狼なんか全然メじゃない位お腹いっぱい頂いたのでした。




幸せ~ ♡



順調に電車が動いているのを確認、いつもの時間に、いざ、出陣~。

c0192744_23090790.jpg

ひゃっは~ \(^o^)/

c0192744_23093049.jpg

ふわふわ~ ^^

c0192744_23095908.jpg

ふわっふわ~ \(^o^)/

c0192744_23102681.jpg

近所の公園にはでもさほど積もっておらず。
やっぱり土って暖かいんですかねー?

c0192744_23105602.jpg

表通りは既に足跡だらけ。
早めに出勤された方も多かったのでしょうか。

c0192744_23113456.jpg

駅前に、ほぼ、車なく。
スタッドレスもしくはちぇーんじゃないと走れないですよね・・・バスを待つ方々が寒そうにしていらして、早く来ると良いなと思いました・・・。

上り線は聞いていた通りの順調なに動いていて、下りは数分の遅れが出ている様でしたが、大した事はなさそう。
暖かい車内、途中で座れてご機嫌、念の為に目覚ましもセット・・・、で、実際、若干うとうとしていた様なのですが、耳が静かで目が覚めました。

しーん・・・。

ややあって、ポイント故障があり前の電車がつかえている、と、アナウンス。

え ^^;

待てど暮らせど、これが動かず・・・、最終的に上野に着いたのは50分遅れ。
びっくり ^^;

都内はこんな状況でした。

c0192744_23123262.jpg

表通りは、雪、溶けまくり orz

車があまり通らない通りは、でも、まだ少し雪が残っていました。

c0192744_23175213.jpg


c0192744_23185963.jpg

はにわ・・・?

今日は一日割と暖かで、太陽は燦々と輝いているし、夕方にはほっとんど雪は残っていませんでした・・・帰りはその前を通りませんでしたが、はにわちゃんもきっと姿を消していたに違いありません orz


それはさておき、今日は山野楽器さんでSebアルバムが売り出される日でした~ ^^
仕事放り出していそいそと銀座まで。

c0192744_23205588.jpg


c0192744_23210611.jpg

試聴コーナーに、パネル ^^

c0192744_23212857.jpg

本当に、足を向けては眠れません。

c0192744_23214970.jpg

ここではずっと小さな音でセブの曲が流れていました ^^

c0192744_23221769.jpg

じゃんじゃん売れます様に・・・!

夕飯後、早速聴いて見ました。
当たり前ですが、基本、Sebの声しか聴こえてこなくて。
伸びのある声を堪能 ♪

楽しませて頂きました~ ^^

c0192744_23223719.jpg

日本盤には、通常のサンキュー・メッセージの他に、日本向けのメッセージが書かれています。
いつも言ってくれている言葉が文字になって届けられ・・・、Sebの想いを、嬉しく受け止めさせて頂きました。

サンキュー・メッセージも、素敵でじんわり♡
1ページ使って全部大文字で書いてありました・・・。

Sebらしさが詰まっているんだろうなー、と思います。
素敵なアルバム ^^

コンサートがもっと楽しみになりました・・・ ♪